条件によってメリットが異なる!賃貸物件の種類

リロケーション賃貸物件

賃貸物件の中には、リロケーション物件という種類があります。これは、一般的な会社員が所有しているファミリー向けマンションや戸建て住宅が対象となっており、所有者が海外への駐在や遠隔地での定期的な転勤のために自宅に住めない期間に限定して賃借できる物件となります。すなわち、オーナーが住めない間に借りることのできる特殊な賃貸物件です。リロケーション物件は、元々新築分譲マンションや戸建て住宅として造られていますので、一般的なファミリー向けの賃貸物件よりも設備が豪華であったり、立地条件が良いケースが多いでしょう。

マンスリー・ウィークリーマンション

短期間だけ賃貸物件に入居する場合に利用しやすいのが、マンスリーマンションやウィークリーマンションです。契約時には賃貸物件に付き物の敷金や礼金、仲介手数料がかかりませんので、初期費用を抑制することが可能ですよ。都心や市街地などの利便性の高い地域の賃貸物件を借りる場合は、家賃が非常に高いですが、マンスリーマンションタイプなら月額利用料金はほとんど変わらない場合もありますよ。半年以上借りる場合は、長期特割などのサービスを受けられるケースもありますので、短期での入居ならおすすめと言えるでしょう。

分譲マンションの区分所有物件

一般的な賃貸物件は、元々不動産オーナーが賃貸用の住居として建てていますので、投資効率を上げるためにも、建物や設備の仕様を低くして、建設コストを抑制するように意識しています。つまり、安上がりな物件として造られている場合が多いので、居住性は決して高いとは言えませんね。しかし、賃貸物件の中には、個人の区分所有権オーナーが貸し出す場合があり、元々分譲マンションとして造られていますので、賃貸専用物件よりも設備や居住性が高い物件があります。賃貸物件よりも防音性や眺望、立地条件が良い物件が多いと言えるでしょう。

青山の賃貸は家賃が高い物件が多いので、通りに面していない物件を選ぶと大幅に家賃が下がるのが特徴です。