マンションの買い方で重要なことは家族の意見集約

マンションの買い方の一般的なポイントとは?

マンションの買い方といった場合、一般的には、頭金の貯め方、物件の探し方、売買契約への対応、そして住宅ローンの組み方といった内容がテーマになるでしょう。特に、物件探しと資金調達は密接に絡み合っていて、資金調達の都合に合わせて物件価格を決めるのか、物件価格に合わせて資金調達をするのかの判断が難しいところですが、将来の自分の収入に占める返済の割合等から返済に無理のない物件探しをするのが基本と言えるかもしれません。

スムーズに買うために必要な家族の合意形成

そういった一般的な買い方の流れを効率的に辿り、無事にマンションの購入を終えるためには、家族の合意形成をしっかり図っておくことが大切だと言われています。簡単に言えば、夫婦等の家族間でどんなところに住みたいか、どんなマンションに住みたいか、いろいろな要素がある中で優先順位はどのように考えるかといったことを事前に話し合っておき、物件探しに入るのが効率的、ということです。合意形成をしておけば、意見の違いで紛糾し購入作業が滞ることがなくなるでしょう。

どうやって家族の思いを集約するか?

では、どうやってその家族内の合意形成や思いの集約を図っていくのでしょう。まずは、現状の住まいの問題点で改善したい点を挙げていくといいでしょう。学校まで遠い、子供部屋がない、騒音がうるさい等いろいろあるでしょう。それらに優先順位をつけてみると、それが購入物件に求める要素となるはずです。また、問題点だけではなく、現在の住まいの良かった点を挙げていくと、家族内で価値観が共有され、よりよいマンション選びに繋がっていくでしょう。

新築マンションを選ぶ基準は、資産価値の高さという点と、子供の教育環境などを重視することがひとつの目安と言えます。