アルバイトたちをまとめる店長のリーダーシップ

店を円滑に運営しなければならない

飲食店の店長になった場合には、店を円滑に運営していかなければなりません。トラブルを起こさないように、そして赤字を出さないように様々な手段を講じるのです。そういった作業の中でも特に難しいのがアルバイトたちの管理であるといえるでしょう。ある程度の規模を有する飲食店の場合はアルバイトが従業員の主力となりますので、リーダーシップを発揮しながらシフトを管理し、作業指示を出していかなければなりません。また、人手が足りない時には求人を出すことも重要な仕事です。

店長がアルバイトたちに守らせるもの

アルバイトたちは基本的にお店に対する責任は少ないといえます。仮に潰れてしまった場合、何らかの責任を負うわけでもなければ、赤字であろうと給料は下がりません。ですが、契約に定められている内容に対する責任はあり、それを果たさせることができるかどうかは店長に掛かっています。アルバイトたちにしっかりと責任を自覚させ、定められた規則を守り、シフトを守るように意識を徹底させていかなければならないのです。そうすることで円滑な運営ができるようになるのです。

コミュニケーションの量が鍵になる

店長とアルバイトは立場は違います。店長は監督をする立場にあるので、アルバイトたちを叱ることもあるでしょう。叱り方を誤れば離職につながってしまいますし、他のアルバイトたちからの信頼を失う可能性すらあるのです。アルバイトたちにしっかりと信頼される店長を目指さなければならないのですが、そうなるためには日頃からしっかりとコミュニケーションを取り、互いの人柄やスキルをしっかりと把握していなければなりません。

飲食店の譲渡する側のメリットは、店を閉店するにあたって店舗の内装や設備をそのまま譲渡するので、処分費用などがかからず譲渡費用がが入ってくるといったメリットがあります。