意外と大切!見た目だけではない一戸建ての外壁塗装

なぜ外壁塗装は必要か

一戸建ての家を持つ人は、家の外見が汚れてきたら外壁塗装を考えなくてはいけません。しかしそうは言ってもただ汚れてきただけでは特に生活上は問題がないので、ついそのまま放置してしまう事も多いようです。しかし塗装というのは雨や風、紫外線から外壁を保護するいわば家の保護膜のようなものです。これが劣化してしまうと雨や湿気が外壁に侵入してしまうものであり、ひどい雨漏りの原因になったりと生活にも支障が出てきてしまうのです。

外壁塗装工事を行う目安時期とは

雨漏りや生活に支障が出ないようにするには、定期的な外壁塗装が必要になります。しかし塗装の塗り替え時期は壁の種類や条件地域によって異なるため、時期を厳密に指定するのは難しいものです。一般的に八年から十年を目安に行うのが良いでしょう。モルタル自体やサイディングなどの外壁材の耐用年数は20年から30年と言われていますが、表面の塗装の耐用年数はこんなに持つことはないので10年を目安に考えた方が良いでしょう。

外壁塗装は早めにメンテナンスを

外見が汚れてきただけで生活に支障がなければ、つい外壁塗装は先伸ばしにしてしまいますが、深いひび割れや剥離現象が起きてしまうと家そのものを痛めることになり大変危険です。10年を目安に経過年数に注意することと、外壁の表面の塗装を触ったときに、手に粉がつく状態なら劣化が進んでいるので塗り直しの時期です。また経過年数がそれほどでなくても、海辺沿いの家や高速道路付近の家は外壁に影響が出やすく、早めのメンテナンスが必要になります。外壁塗装は見た目だけでなく生活にも影響が出る大切な施工です。そろそろかと思ったら早めに業者に相談してみましょう。

外壁塗装なら鎌ヶ谷でする目的は地域に密着した業者があるため、安心して自分に適した方法を相談して依頼できることです。