こんなにあるの?賃貸契約時に必要な費用とは

賃貸契約時の費用は全て必ず払わなければいけないの?

賃貸物件を新たに借りるには引越し代も含めると、最初にまとまったお金が必要になりますよね。ここに住みたいと申込をして、無事審査に通過して、ほっとしたのも束の間、次には契約を結ばなければなりません。契約書の字は細かいですし、全て目を通す時間もなかなかないですよね。それと同時に初期費用の説明をされることが多いのではないかと思います。色々な費用の項目があると思いますが、この費用の内訳、家主さんと不動産仲介会社によって多少の違いがあることは知っていましたか。

必ず払わなければいけない費用は

それでは、必ず払わなければいけない可能性が高い費用はどれでしょうか。敷金や礼金です。礼金は基本的には家主さんのところに支払われるもので、交渉次第で安くしたり、払う必要がなかったりしますが、最初に明示されていたら払うべき費用になるかと思います。あとは月の途中で入居した場合の日割り家賃の精算分、通常は2年契約の火災保険料などがあげられます。家賃の他に管理費がある場合にも払わなければいけない費用になります。

払わなくてもよい可能性がある費用

払わなければいけない費用をみて、あれ?意外と項目が少ないのでは?と思った人も多いかもしれませんね。払わなくてもよいものとしては、不動産仲介会社に支払う仲介手数料もありますよ。しかし、殆どの会社が請求すると思われますが、仲介手数料無料の会社もありますので、そちらの会社を利用されると良いかもしれませんね。その他にも入居時のクリーニング代、鍵の交換代なども請求項目にある会社、ない会社があります。記載されていたとしても、必要なければ支払わなくでも大丈夫ですよ。

近所にトラブルに巻き込まれてしまい、住み心地が悪いと感じても帯広市の賃貸マンションならいつでも引っ越すことができるので、安心です。