賃貸住宅の下見をして後悔のない物件選びを!

下見で持参したいもの

賃貸住宅は、契約前に必ず下見をさせてもらうことが大事です。サイトや雑誌などで収集できる文字や画像の情報だけでなく、実際に自分の目で物件を確認することで、こんなはずではなかったというような後悔を避けることができます。下見の際、持って行きたいのは部屋の間取り図のほか、メモをとるための筆記用具、さらに家具や家電を設置するスペースを確認するための巻尺などです。また、周辺のアクセスや状況を確認するために地図も持って行くと便利でしょう。

部屋の中で見ておきたいポイント

下見でのチェックポイントとして挙げられるのはまず、部屋全体の間取りです。間取り図だけではわからない実際の広さも確認することができ、生活する上での動線をイメージしながら、使い勝手を見ていきましょう。また、収納スペースの広さを確かめることも重要です。中に仕切りや棚がある場合は大きいものが入らない場合もあったりするので、自分の荷物が収納しきれるかも考えます。そのほか、コンセントやテレビ・電話などの配線の位置を確認し、家具や家電のレイアウトが自分の思い通りできるかもチェックしておきたいところですね。

快適に生活するための住環境もチェック

住環境も、十分チェックしておきましょう。特に集合住宅では、音の伝わり具合が気になるところです。周囲の生活音の聞こえ具合はどうか、また外からの騒音は防げているかなどがポイントです。また、日の光はしっかり入るか風通しはどうか、を窓の位置関係を含めしっかり見ておきましょう。そのほか、そこで快適に暮らしていけるかを大きく左右する周囲の入居者の雰囲気の良し悪し、共用部分などがしっかり掃除されているかなどの管理状況も忘れず確認するようにします。

札幌の賃貸マンションは、ローンの審査もなく入居手続きも簡単に行うことができるのが魅力の賃貸マンションです。