店舗物件を安く手に入れる!居抜き物件のメリット

同じ業種なら顧客を得やすい

店舗物件の中には、以前の所有者が設置した設備や内装をそのままの状態で販売している居抜き物件があります。居抜き物件を購入して、新たに事業を始める場合のメリットは、以前の業種と同じ業種でビジネスを始めると、その地域で元々顧客であった層を獲得しやすいというメリットがあります。印刷業者の場合は、元々その地域で印刷を依頼したい顧客がおり、以前の店舗を利用していた客数をそのまま獲得することが可能なのです。マーケティングを十分に行い、居抜き物件を活用してビジネスの滑り出しをスムーズにできますよね。

初期導入コストが削減できる

居抜き物件を活用する際には、以前のオーナーが設置している設備や内装をそのまま利用すると、初期導入コストが削減できるので、新たな開業資金を集めなくても良いというメリットがあります。通常は、事業を展開する際に、店舗の什器や内装、設備を新規で導入するための費用が必要となり、コストインパクトはかなり大きいので、銀行などから融資を受けることが一般的です。しかし、同業種で店舗を構える場合は、元々必要な設備が備わっているので、イニシャルコストをかけなくても済むので、メリットはかなり大きいでしょう。

通常の物件よりも安く仕入れられる

居抜き物件のメリットには、通常の店舗向け物件よりも安く販売されているという点も挙げられます。異業種の場合は、店舗に残っている設備や内装を撤去しなければ開業することができないので、解体撤去をする手間やコストが必要となる分、一般的な物件よりも安い価格で売りに出されているのです。しかし、同業種で店舗を構える場合は、使える設備や内装を撤去する手間も不要であり、一般的な物件よりも安い設定になっていることは、非常に魅力的ですので、新たにビジネスを始める場合は、居抜き物件から検討してみることが有効です。

店舗物件は一般的に付随している設備が新しい程価格が高額になる傾向があります。そのため、単に価格だけで即決せずに必ず物件の設備を確認したうえで利用目的に合致している所を選ぶことが大切です。